ソットヴァンと暮らしています。

spider5319.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:スピの弱点( 17 )


2006年 05月 03日

ガソリン給油口 その2

以前にガソリン臭がしたら、給油口のゴムの部分が裂けていますよってスピの弱点を紹介しましたが、本日2号車に続いて1号車のも交換したので、詳細を報告していきます。
↓交換したパーツ全てですが、新品のバンドが使いにくいので使わずに、再利用と書いたバンドは使います。
f0032275_2116430.jpg

まずは、給油口周りのネジ8本を外して、助手席のドアを開けたら見えるカバーをトルクスネジ2本外すと↓の画像の状態になるので、ココから先の長いドライバーを突っ込んでバンドを緩めます。
f0032275_219840.jpg
f0032275_2192581.jpg

バンドを緩めたら、亀裂の入ったゴムの部品を引っ張って取り外し、新しいゴムの部品を古いバンドを使って取り付けるのですが、ここが一番大変な作業で、ゴムにCRCなどを軽く塗って差し込まなといけなくて、これがなかなか入らないんです。
簡単に入るようであればガソリン臭がするかもなので、きついくなっているのでしょうが、すんなり入らずイライラしてきても冷静に作業を進めないと、無理やり力まかせでやっちゃって、新品のゴムを破いていまえば4万円が消えてしまいます。。。
↓使用後・使用前を見比べて頂ければ状態が分かりやすく、実際悪くて交換しなければいけない部品は、ゴムの部品だけなんですが、ゴムの部品だけで注文が出来なくて高く付きます。
f0032275_2193669.jpg


by kitagawa-spider | 2006-05-03 21:55 | スピの弱点 | Comments(2)
2006年 04月 23日

雨が上がってる!!

明け方近くまで雨が降っていましたが、ようやく雨が止んでくれたので、本日の休日もソットに乗れるぞぉ~って事で、まずは本町のスタバにコーヒーを飲みに行って来ます。。。
f0032275_0141992.jpg

f0032275_20554884.jpg

と言ってソットを乗り出すと小雨が振るって来ましたが、すぐに止むだろうとスタバに向かいかしたが、エンジンが温まったらアイドリングしなくなり、信号待ちでエンジンが停止、簡単にエンジンは掛かるのですが、止まればエンジンが停止。 雨も止まないからUターンをしてルーテシアに乗り換えてスタバへ、、、
スタバに一番乗りでお茶してると、スピオーナー予備軍のWさんが来たので、失敗をしないポイントなどを教えてあげてたら、A.Kさんが久し振りにキッカー号で、Yさんがサフランで来られて《》車談義に、、、
Wさんは帰られましたが、残る3名でお好み焼きを食べに行ってから、ルノー大阪城へYさんのサフランを修理と、A.Kさんが預けていたA310の引き取りに付き合ってから、自宅に戻ってアイドリングをしないソットの修理?をしていました。
同じ症状が出ているメンバーが数人居たので、対策を知っていそうな方々に連絡をして色々とアドバイスを頂いてから、一番怪しそうな画像の部品をトルクスのネジを2本緩めて取り外し、カーボンで真っ黒に汚れていた穴の中をキャブクリーナーを何度も噴射して、ある程度綺麗になったから組み直してエンジンを始動してみたら見事にアイドリングしだしたので、試運転に出たのですがエンジンが温まると今朝と同じでアイドリングしなくてエンジンがストップ、、、
自宅に戻って点検すると、単に先程外して掃除をした部品を組み直した時に、配線のカプラーが外れたままでした。。。 って、事で無事復活したから、暗くなるまで走り回っていました。

実は、本日の不調は僕だけでは無く、群馬のD.Aさんのソットも、A.Kさんのキッカーも不具合が出てので、不思議な休日でした、、、

by kitagawa-spider | 2006-04-23 07:18 | スピの弱点 | Comments(5)
2006年 03月 02日

これも持病です。

f0032275_23331441.jpg

これは誰もが経験する持病です。
エンジンフードのワイヤーが、画像の「切れる」って書いている箇所で切れちゃいます。
多分、ワイヤーが細くて強度不足なんでしょうね。。。
おまけに、引っ張り過ぎてフードノブを割ってしまったりとか、、、
関西のスピメンバーは、ワイヤーが切れても対策のしようが無く、また切れちゃうから、交換はしないで手を突っ込んで開けている方や、フードキャッチ部分に細工をして開けている方ばかりです。
それと、この症状は少ないですが、画像の「はがれる」って書いた箇所が、ほんまに剥がれるんです。 FRPなんでしかたないかもですが、パックリ剥がれているのを発見したら、あぁ~って悲しくなりますよ。 剥がれたらリベットで補強して、ロフトなどでFRPの補修材を買って直しましょう!! しっかり愛情を込めて修理したら、剥がれなくなりました。。。

by kitagawa-spider | 2006-03-02 23:48 | スピの弱点 | Comments(6)
2006年 03月 01日

フロントのスタビライザー

f0032275_23233558.jpg

この弱点は、笑ってしまう症状?です。 
何故かって?フロントトランクを外して、見えそうでも見えにくい箇所に付いているスタビなので、画像を撮るのが難しくてパーツリストを撮ったのを参考にしてほしいのですが、ここって書いている箇所の溶接部分から折れるのです。 って言うか、誰もが気が付かないのです。折れている事に、、、 多分これを見て、自分のスピを確認したら3人に1人の割合で折れているでしょうね。 僕は7本くらい溶接修理しましたが、誰もが折れた瞬間や、折れているから挙動がおかしいなんて気が付いていた方は居てませんでした。 って事は、折れていても構わないかも知れませんが、折れる部分は、スタビが効いているから金属疲労で折れているので、スタビ自身は十分役目を果たしているはず?なんでしょうね。
アルミのアンダーカバーを外さないとスタビは外せませんが、外して送ってくれれば溶接修理が可能ですから、気になる方はトランクを外して、懐中電灯で照らして覗いて見て下さい。
で、折れていたら、笑って下さいね。。。

by kitagawa-spider | 2006-03-01 23:45 | スピの弱点 | Comments(2)
2006年 02月 27日

ガソリン給油口

f0032275_20392239.jpg

これも誰もが経験するであろうスピの弱点で、ガソリンを満タンにして走り出すと、ガソリン臭いと感じたら、先日書いたガソリンホースバンドの緩みか、経年変化で画像のガソリンキャップを開けたら見えるゴム部分に亀裂が入って、そこからガソリン臭がするのです。 給油口だからガソリンが漏れ出す事はないのですが、運転してても気分が悪くなるほど臭いので、亀裂が入れば交換なんですが、なななんと、安そうなゴムの部分だけのパーツで販売していなくて、画像の部品アッセンになります。 当然高価になってしまって、4万円くらいだったと思います。
部品番号6000068220
f0032275_217133.jpg


by kitagawa-spider | 2006-02-27 00:00 | スピの弱点 | Comments(2)
2006年 02月 25日

よく緩む箇所

スピは振動が多いのか?ボルト・ナットが緩む箇所が決まっているので、まずは要注意箇所2箇所を紹介します。
f0032275_22294183.jpg

僕のはソットヴァンなので、バックミラーも無いから、ドアミラーが命?なのに、ドアミラーの付け根のネジが緩んで、あっち向いてホイしちゃいます。 時々乗る前にチェックが必要です。
緩んだまま走っていると、最悪落してしまって、高価なドアミラーがクシャクシャになんて洒落にならないですからね。
f0032275_2230990.jpg

続きまして、リアのハブナットが緩む車体も有ります。 特に後期車両で、サーキット走行をしたら緩んでしまうケースが有ります。 これもまた緩んだまま走行していると、ハブベアリングを潰して大金が飛んで行きますから、出来ればセンターキャップなんてしないで、ナットが緩むと見て分かるように、ペイントをするのをお勧めします。
ちなみに締め付けトルクは25キロです。

明日の日曜日は、天気が悪くなりそうですが、雨が降っていなければソットで、雨ならRSで朝スタバで目覚ましコーヒーしますから、お暇な方は来て下さいね。

by kitagawa-spider | 2006-02-25 22:59 | スピの弱点 | Comments(4)
2006年 02月 24日

ガソリン漏れ

f0032275_22565816.jpg

最近スピオーナーになられた方々や、これからスピを購入する方の為に参考になればと、スピの弱点について知っている事を時々書いちゃいます。

前にもブログに書いたような?ですが、はじめに危険なトラブルについてですが、僕の知っている限りで7~8名のオーナーが、同じ症状になって冷や汗をかいています。
画像を見てもらって、矢印の箇所のバンドは交換していて大丈夫ですが、交換前の新車時に付いているバンドが緩んでしまい、ガソリンが漏れてしまう事があるのです。
インジェクションのスピのガソリンホース内は、何キロだったか?忘れましたが、ガソリンがかなりの高圧状態なので、バンドが緩むと漏れるって表現より、噴出するって感じなので、近く有るEXマニなどに掛かれば火災の恐れもあって、大変危険ですから、まだ交換していない方は、ネジで締め込むタイプに交換するのをお勧めします。
ちなみに、画像の4箇所以外にも使われている箇所があるので、ホースをたどって交換可能な箇所は素人でも行える作業ですからチャレンジしてみて下さいね。

※ホース内には圧がかかっているから、ホースを抜く時に圧が抜けるまでガソリンが噴き出すので、火気厳禁で気を付けて作業を行って下さい。

by kitagawa-spider | 2006-02-24 23:19 | スピの弱点 | Comments(0)