ソットヴァンと暮らしています。

spider5319.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 05月 11日

ブレーキその1

f0032275_23141838.jpg

f0032275_23144544.jpg
f0032275_23151314.jpg
マスターバックの付いていないスピだから、乗った最初の印象は誰もがブレーキが効かないって感じちゃいます。 マスターバックの力を借りないから、すげぇ~踏力が必要なだけで、力一杯ペダルを踏み込めば良く効いてくれて、純正パットで何週もサーキットを走っても、フェードもしないんですが、やはり初期制動のいいパットに交換すれば、安心感が違うのでお勧めしますが、僕も付けていて評判の良いミンテックスのスピトロ用が生産中止になってしまって入手が出来なくなっています。
良く効くパットに変えるとフロントタイヤがロックするのに気になるようになります。 スピにもフロントとリアのブレーキオイルラインの間にプロポーショニングバルブって名前の部品が付いていて、そのバルブがリアタイヤが先にロックして危険な状態にならないように圧をコントロールしているのです。 それがかしこくて、リアがロックする寸前でコントロールしてくていればいいのですが、まだロックしそうも無い段階でリアブレーキが効かないようにコントロールしちゃうから、そのバルブを外して画像のAPの調整式プロポーショニングバルブに交換したんです。
フロントとリアのブレーキラインに流れる圧を同じに調整してみたら、リアが先にロックしちゃって、リアが振られてまっすぐに止まらない危険な状態になりました。
で、リアブレーキに流れるブレーキオイルの圧を下げるように調整していくと、ほぼフロントとリアブレーキが同時に効くようになり、強くブレーキペダルを踏んだ時に4輪同時にブレーキが効いている感触で止まるようになりますよ。 

何故APを選んだかって言うと、他メーカー品を付けて良い結果にならかった経験があるのと、筑波を走っている横浜のKさんのソットを追いかけているビデオを見ていて、Kさんのソットのリアブレーキがロックしていたので、調べてみたらAP製を使っていました。
交換に必要なブレーキホースなどは、Kさんのソットに取り付けを行ったsifoの小林メカに必要部品や、ホースの長さなどを聞き出して製作しました。 取り付けも、純正のプロポーショニングバルブと交換するような感じですが、APのバルブを固定するステーを作らなといけないのと、ブレーキオイルラインのエア抜きもしなければいけないから、信頼出来るショップに依頼して下さいね。
僕の運転レベルでは、現在の仕様で完璧に効くブレーキになったので大満足です。 

by kitagawa-spider | 2006-05-11 23:58 | ソットヴァン | Comments(0)


<< コニーダンパー      おまけのミニカーその2 >>